テーマ:旅行

桑港:2日目はtenbears夫人殺人未遂事件

★6月28日(金)2日目はゴールデンゲートブリッジ(金門橋)を自転車で渡ります。 折角なので、まずは近くの有名観光ポイント:ピア39&フィッシャーマンズワーフをサクッと散策。名物シーフードを食べもせず(お嬢様は現地の食に無関心)、キョウンキョウンと鳴くアザラシさんや、日本よりグイグイ来る雀さん、目つきの鋭いカモメさんなどを眺め(お嬢様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑港:1日目は頭が良い人が沢山いるところへ行きました。

ロサンゼルスを出港後は二日間の終日航海でした。サンタバーバラの沖合とチャンネル諸島との間では、子育てなどで集まっているクジラにぶつからないように速度を落として航海するのだそうです。 海洋生物の出現率の高い海域では、例えばクジラやイルカが現れると操舵室から放送が入ったりするんですが、それを聞いてからでは遅い。野生動物は待ってくれません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

tenbears夫人の建物探訪

オーストラリアでは、船酔いにはショウガが効くと言われているそうです。そこで、Barでモクテル(ノンアルコールカクテル)のサラトガ・クーラー(ライムジュース&シュガーシロップ&ジンジャーエール)を頼んだところ、カクテル名では伝わらず。ウィキに載ってたレシピを説明したら、全て別々に用意され、自分で混ぜることに。 うまーい!これで酔わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カボさんとルーカス

みなさま、ごきげんよう。わたくしtenbears夫人は、ずっーと、メキシコ、グアテマラ、ベリーズに行きたいと思っていまして。目的はマヤ文明などの古代遺跡。未だ謎が多く、歴史的な関心以外にも、密林に分け入った探検隊が行方不明になる話とか、手塚治虫先生の「三つ目がとおる」とか、わくわくゾクゾクをそそってくれますよね。 今回のクルーズは、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水曜どうなったでしょう

みなさま、ごきげんよう。 船内には高知県須崎市のマスコットキャラ:しんじょう君と見まごう程に焼けていらっしゃる方がいますが、最近の炎天下自転車のためにお嬢様の顔と手も赤黒さの度合いを深めております。このままだと、大好きな赤だし味噌汁になっちゃうぞ。 ★6月19日(水)プンタレナスに6時入港。最終乗船時間は16:30です。 太平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波をちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷかき分けて♪

パナマ運河を渡って、太平洋に出ました。なんというか、カリブ海の時よりも空気が、空が、白っぽいような。 ★6月18日(火) (以下の写真は航海のしぶきや雨で汚れた窓越しに撮ってますんで、映り込みもあったりしてすいません!) コスタリカの港町プンタレナスに向けての終日航海日。遅い朝食をフードコートでとっていると、海面の航行跡が大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブシャー!パナマ運河なっしー!

熱帯。もちろん高温多湿。山ガール御用達UVカット長袖もギブアップな強烈紫外線。 全ての定例アクティビティ&イベント(ラジオ体操とか社交ダンス教室とかクラフト教室とか)がお休みとなり、 デッキではクルーが冷たいお絞りを、寿司バーのお兄ちゃんが鉢巻姿でフルーツやミニトマトの串を配りまくる、そんな旅の後半のクライマックス(ということで後程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スワヒリ語ではティキティマジ(tikitimaji)

★6月16日(日) 今日から3日間、終日航海日が続きます。明日は早朝から24時間かけてパナマ運河を航行し、ついに大西洋から太平洋に出ますんで、改めてご報告しますね! スエズ運河が水路をたんたんと進むのと違い、パナマ運河は前半は上り、後半は下りのそれぞれ3段階の閘室(こうしつ。水量調節のための水門。「閘」って漢字、初めて)を使って高度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の大きさをどう表現されると分かりやすいですか?

船には断続的にタレントさんや作家さんなど様々な方が講演しに乗船されてきて、これまでにキャシー中島さん、北斗晶さん、フランソワーズ・モレシャンさんなどがお話しされてきました。講演後には記念撮影会もあって、アクティブシニアの皆さんを喜ばせて下さいます。 わたくしたちは今まで無関心だったんですが、カリブ海周辺では千葉すずさんが登場。この人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語名:ホンダワラ

「ミナサマ、コンニチワ。キャプテン、デス。」 ヴェネツィアで交代し横浜まで連れて帰ってくれる船長さんは、毎日の正午の航海状況報告で、日本語でのご挨拶に果敢に挑戦され続けてます。ちょっとずつ長いフレーズになっていたりして、お嬢様もわたくしも陰ながらのファン。 報告では、その海域に関する歴史や事件などのお話もしてくださいます。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャマイカ、苦いか、しょっぱいか

船のダイニングルームはディナーだけでなく(時間帯が限定されますが)朝食やランチも行っていて、席の案内から配膳まで、丁寧に対応してくれます。フードコートのように取るものに悩んだり席を探したりということが無いので、特に専業主婦のマダムたちに結構な人気。和定食を頼むとお膳にご飯、お味噌汁、焼き魚、小鉢、お漬物、フルーツが乗ってきまして、在庫が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋のマイアミ

まいあひー、まいあふー、まいあほー♪ 北大西洋を南下し始めたころから、気が付けば口ずさんでました。 そうです、正しくはマイアヒ、「恋のマイアヒ」。原曲はルーマニアのものなんですって。今回の寄港地は、そんなモルドバの趣とは全く無縁な感じの、世界のセレブの避暑地:マイアミです。 ★6月11日(火)前回の余談でご報告した救援対応の結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中目黒が恋しくなっちゃった』(出たよ、クルーズ60日目を飾る名言)

皆様、ごきげんよう。引き続きニューヨーク二日目(6月8日(土))のご報告です。  ★余談1:これを書いているのは6月10日(月)の20時過ぎのフードコート。明日のマイアミに向け終日航海中ですが、晴れている夜の海上に稲妻が走っています。すごい迫力!今夜はメインプールデッキで盆踊り大会やってますが(わたくしどもはパス)、浴衣のアクティブシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大事なことなので二度言います。第一金曜日は6-9pmが無料です。

★6月7日(金)~8日(土) 北大西洋からローワー湾に入り、ウェラザノ・ナローズブリッジをくぐり、更にアッパー湾を北上して午前9時。 かつて移民の人々も眺めたのと同じ、船ならではのアプローチで自由の女神のご尊顔を拝しまして、遂にやって参りましたアメリカ合衆国:ニューヨーク!tenbears夫人がイラン旅行を涙を呑んで諦めた理由の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森の6月はキリスト祭りもあるよ

皆様ごきげんよう。今日6月6日(木)も終日航海中の船内で毛布にくるまっているお嬢様とtenbears夫人でございます。 サン・プリンセス号は、カナダの一番東海岸、ニューファンドランド島の沖合の海域『グランドバンク』というところにいます。 北アメリカ大陸棚にある海面下の台地群で、水深は25~100m。ラブラドル海流(寒流)とメキシコ湾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝋人形の館

みなさま、ごきげんよう。 今日もフリースの膝掛けを抱えて暖かい場所を探してさすらう、お嬢様とtenbears夫人です。 船内の温度は常時20度に設定されているとJTBさんのガイドには書いてありましたが、体感はもっと低くて、服装としては梅が散る頃ぐらいな感じ。 ベテランさんたちによると、外国船はエアコンの温度設定が欧米人向けなので低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注)サイモン・シネック氏の理論の話じゃないです。

時差9時間。とうとうヨーロッパが終わりますわよ、奥様。 アイスランドの首都:レイキャビックにやって参りました。港の外側はこんな感じ。絵のような、とはこのことかと。 島にぽつねんとある建物、後で調べたらレストランでした。行きたーい! 陸地の側はこんな感じ。 アイスが無い。 聞けば、暖流のおかげで冬でもマイナス1~2度程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カジノ・ロワイヤル』または『101回目のプロポーズ』

5/30と5/31は久しぶりの複数日間終日航海日。 ダブリンを出港し、北アイルランドとスコットランドの間を抜け、次の寄港地アイスランドのレイキャビックに向けて北大西洋を更に北上です。 このあたりの海域は昔から船乗りたちに危ないと言われてきたそう。暖流と寒流がぶつかるところなのと、お天気の影響も。 船長さんも「荒れ狂うから気を付けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごはんですよ

★5/29(水)アイルランドのダブリンにやって参りました。こちらの港は客船用ではなく、コンテナが積み重なる普通のところ。トラックなどが行き交うため、港内は徒歩禁止。港の出口までのほんの500mシャトルバスでの送迎です。 終日、降ったり止んだりが目まぐるしく変わる天気で、海や川の色さえグレーな感じ。 雨といっても小雨がぱらつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50日目にして散る

船はサウザンプトンを出港後、イギリス海峡からイギリス本土の左下、コーンウォールの先端を回ってケルト海に出て、次の寄港地:アイルランドのダブリンを目指し北上しているところです。大体北緯50度くらい。 ケルト海、といっても荒れるので有名な北大西洋。天気晴朗なれど波高し、で船が揺れる揺れる。 そんな5月28日(火)は終日航海日。本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JoJo立ちはシェーの進化系

★5/27(月)英国への玄関口、サウザンプトンに7時ごろ着岸。出港予定は22時。 二人して英国初上陸!タイタニック号の母港でもあるサウザンプトンは、ローマ時代からの重要な交易港で自然美溢れる素敵な街・・・というのをタクシーの車窓から横目で確認しつつ、ロンドンに電車でGO! 朝5時起きで、お嬢様コーディネートによる「大英博物館&ロンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D・DAY

★5/26(日)フランスのカンヌに続く2番目の寄港地、ル・アーブルにやって参りました。 ここはセーヌ川の河口でパリへの玄関口。フランスは新婚旅行で長逗留した国でもあるし、その時行っていない観光名所へは(現地にいられる時間が90分とかの割に)往復時間がかかって勿体ない・・・ということから、出かけずにこの街をめぐってみることにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセス・オブ・ウェールズ

サン・プリンセス号は日々北上中で、現在は樺太くらいの北緯のところ。朝晩はもちろん、昼間もデッキで風に吹かれると寒いです。プールで泳ぐ人も見かけなくなりました・・・ ★5/25(土)は終日航海日。 もうじきイギリス:サウザンプトンを訪れるからでしょうか、元ダイアナ妃の婚礼衣装のレプリカが展示されました。 今乗船しているサン・プリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅とは何か?

すごいタイトル。詳細は後程。乞うご期待! ★5/24(金):リスボンを間に挟んで、スペインでの最後の寄港地:ビーゴに7時着岸。出港予定は17時。 夜明けのビーゴ。 ここはスペインでも緑が一番多いガリシア地方で漁業の街。ボンディーヤ!タコは日本へも輸出されていて、ムール貝の養殖では世界第2位。1位は中国なんですってよ、奥様!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウダージの国

ドバイでアベンジャーズを観た際、チケット購入時にメアド登録を求められたのですが、「アベンジャーズをもう一度見る時20%オフ!」とか魅力的なサービスの案内が送られてきて面白いです。 そんなドバイから1か月弱。地中海に入ってから日没時間がどんどん遅くなっていて、今だと大体21時近くまで明るい。寝るタイミング、狂うわ・・・これもある種の時差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンダルシアに憧れて、た訳ではないけれど

★5/20(月) 怒涛の三連寄港を終え、本日は終日航海。バルセロナを出港し、スペインとバレアレス諸島の間のバレアス海を南西に進み、スペインとアルジェやモロッコとの間のアルボラン海を通って、次の寄港地:マラガへ向かいます。 奥様、ここらでとうとう、グリニッジ標準線を越えましたのよっ! 毎日正午に船長さん(ヴェネツィアで二代目に交代。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『頑張ってもらわないと、東京』(またのタイトルは、怒涛の3連寄港その3)

怒涛の3連寄港、最後を飾るにふさわしいカタルーニャ州都:バルセロナ!お嬢様もtenbears夫人もスペイン初上陸です。歴史は古く複雑に融合、芸術も建築も美食にも優れ、街づくりの理念も素晴らしい。そりゃあ皆大好きになりますわよ。報告を前に、再訪を心に誓う夫人でございまする。 ★5/19(日)9時頃入港、23:30最終乗船の案内。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お嬢様、カシオペアのテーマ曲を口ずさむ(またのタイトルは、怒涛の三連寄港その2)

★5/18(土)はカンヌに9時入港錨泊、18時出港。 あいにくの雨模様。沖合停泊なのでテンダーボートでの上陸となりますが、海のうねりが強くボートが激しく揺れるため、なかなか乗船できません。お嬢様もわたくしも上陸できたのは11時過ぎ。今日も別行動で、お嬢様はモナコへ、tenbears夫人はオプショナルツアーでエズ村へ。 <お嬢様編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お嬢様、大反省する(またのタイトルは、怒涛の3連寄港その1)

5/17、18、19と、このクルージング初の三連ちゃん寄港です。ブログ、頑張ります。 ★5/17(金)イタリア最後の寄港地、チビタベッキアに7:00入港。 客船が既に3隻くらい停泊しています。さすが、ローマへの海の玄関口。この船だけでバス25台:約1,000人がローマに向かったそうです。 朝から良いお天気に恵まれ、久しぶりにお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君たちはどう生きるか、を思う

※今回は、真ん中あたりから虫の写真が出てきます。苦手な方、ご注意ください。 本日5/16(木)は、長靴のかかとにあるバーリから、イタリア最後の寄港地であるチヴィタベッキアに向けた終日航海日です。雨が降ったり、冷たい風が吹きつけたりの曇天。 アドリア海から長靴の底が面するイオニア海に出て、つま先とシチリア島の間のメッシーナ海峡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more