青森の6月はキリスト祭りもあるよ

皆様ごきげんよう。今日6月6日(木)も終日航海中の船内で毛布にくるまっているお嬢様とtenbears夫人でございます。
サン・プリンセス号は、カナダの一番東海岸、ニューファンドランド島の沖合の海域『グランドバンク』というところにいます。
北アメリカ大陸棚にある海面下の台地群で、水深は25~100m。ラブラドル海流(寒流)とメキシコ湾流(暖流)がぶつかる潮目の海域で、世界屈指の好漁場・・・が、残念ながら乱獲で資源枯渇状態にあるそうです。
今現在の水深が80m。昨日の同じ時間は3,000m。海は広いな、大きいな。

ところで。昨日はキャプテンの重要船内放送がありました。
(イベントの案内やキャプテンによる正午の航海状況のお知らせといった普通の放送は直接客室には流れず廊下やパブリックエリアのみですが、避難訓練とか安全などに係る重要な放送は客室にも強制的に流されます。)
それによると、アイスランドでの給油船の遅れ(客船はディーゼルエンジンで走っています)や、複数の氷山を避けるために航路を変更するなどの理由により、明日6/7(金)ニューヨークへの到着時間が5時間以上遅れ10時過ぎになるとのこと。
JTBさんによると、米国は今世界で一番入国審査が難しいので、実際に上陸できるまで更に2時間くらいかかるのではとのこと。
氷山・・・本当に今も流れてるんですね。うーん、船旅ならではのリスク。勉強になりました。

ニューヨークは青森と同じくらいの緯度。今回のクルーズで、お嬢様が一番楽しみにしていた街です。
名言が飛び出すかも?!乞うご期待(^^)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック