JoJo立ちはシェーの進化系

★5/27(月)英国への玄関口、サウザンプトンに7時ごろ着岸。出港予定は22時。
二人して英国初上陸!タイタニック号の母港でもあるサウザンプトンは、ローマ時代からの重要な交易港で自然美溢れる素敵な街・・・というのをタクシーの車窓から横目で確認しつつ、ロンドンに電車でGO!
朝5時起きで、お嬢様コーディネートによる「大英博物館&ロンドンハイライト観光」はじまりはじまり~♪

サウザンプトンからウォータールーまで8:01発快速電車で80分。地下鉄に乗り換えて、二人とも一番行きたかったところへ。
【大英博物館】
(1)『The Citi exhibition Manga』一般大人£19.5
お嬢様に、これさえ見られれば後は何でもいいと言わしめた企画展。
こちら、日本国外で行われる過去最大級の漫画展。鳥獣戯画から現代作品(アニメ含む)までを様々な切り口で紹介しています。会期が5/23~8/6とわたくしたちにとってナイスなこの機会を満喫。内容については日本でも色々報道/レポートされているので、ここでは内内の写真をご紹介。
画像

画像

画像

さあ、どれがtenbears夫婦でしょうか。

(2)ミュージアムレストラン「グレートコートレストラン」でランチ
グレートコート3階にありまして、15時からはアフタヌーンティも楽しめる、接客もナイスな穴場。フィッシュアンドチップスとアスパラ前菜とヨークシャー牛チーズのサラダ、エスプレッソを頂きました。お魚のフライは25cm位。でかい。
画像

画像


(3)常設ギャラリー
tenbears夫人としては、こっちが大本命。でも、ロンドンハイライト観光のために、『地球の歩き方』さんによる「外せない14点」に絞って駆け足で見学。
A:ロゼッタストーン:一番の人だかり。
B:ライオン狩りのレリーフ:あ・・・見忘れてたことに今気が付きましたあああ、しくしく・・・
C:パルテノン神殿の彫刻群:後ろ姿の写真はあまりないと思うので掲載。
画像

D:ハルカリナッソスのマウソロス馬の彫像:イケメン。
画像

E:イースター島の石像ホア・ハカナナイア:献上されてビクトリア女王は喜んだのだろうか。
F:ジンジャー:紀元前35世紀ごろのエジプトの男性の遺体が、なんだか生々しくて哀しい。
Gウルの牡山羊とスタンダード:ふむふむ。
H:ウルのゲーム盤:アッシリアの人頭有翼獅子像の足元にも掘られてました。
画像

I:オクサスの遺宝:中央アジア周遊した時、方々で「イギリスとかが発掘して宝を持っていっちゃった」と現地ガイドさんたちが言ってのを思い出しました。
J:ペルセポリスのレリーフ:獅子と雄牛の肉体の重さを感じます。
K:サットンフーの鉄製ヘルメット:日本のはにわに似た方がいたような。
L:ルイス島のチェス駒:ハリポタなど色々なところで使われて有名。人気ありますよね。
M:ポートランドの壺:ウェッジウッド。
N:アウグストゥスの頭像:スーダンで発見されたということを知りました。
O:象牙製のマスク:お嬢様曰く『ジョジョの石仮面みたい』。ぞくぞくする美しさ。
画像

世界中から略奪しまくった、とあるガイドさんが言ってましたが、それはそれとして、一生かかっても見きれないほどの高品質な所蔵品が無料で公開されているって凄いですね。お土産品を買いまくることで寄付にかえました。

【ロンドン名所観光】
地下鉄と二階建てバスを使いながら、リージェント通り、ピカデリー広場、トラファルガー広場、ビッグ・ベン(大規模修復中で時計部分しか見えなかった)、ウェストミンスター寺院(こちらも塔の部分が修復中)、セントジェームスパークからのバッキンガム宮殿、ロンドン塔、タワーブリッジを見学。
美しい観光写真はよそ様にお任せしまして。楽しく撮った写真を陳列。
・グローバルチェーンその1:バーガーキング。建物が古い。
画像

・グローバルチェーンその2:マクドナルド。二階建てバスから街灯にかかる綺麗な花籠をとったらマックも写った(笑)
画像

・カモの親子。柄が瓜坊。
画像

・白鳥の親子。ほんとにみにくいアヒルの子だわ~灰色もふもふ。
画像

・餌をやるなと書かれているのに餌をやるおじさんとリス、に便乗して写真とりました。同罪?
画像


【素敵スタバ】
リージェント通りあたりにあった1軒。柱が大理石で、二階がロフトのようになっている面白い作りでした。
画像

一番個性的とネットで紹介されていた近くの1軒は閉店してました、残念(;;)
他にも行く先々でスタバを見かけたのですが、この日はスプリングバンクホリデー=休日だったからか軒並みお休みでした。

以上で予定の観光は全てしゅーりょー!
ウォータールー19:05発の快速電車に乗って、無事帰船しました。
サウザンプトン駅から船まで乗ったUberはピカピカのベンツ。内装も青いライトのラインが光って、ドライバーもフレンドりー。海外ではタクシーよりも安心でくつろげるUber。
いつもUberEatsの配送を見かけるたびに(搾取だ・・・)って思ってるんですけどね。別腹ということで。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック